カーボンフリーを考える

カーボンフリーを考える

「この煙は二酸化炭素をどれくらい排出しているのだろうか、植物を燃やしているので、其の刈り取った場所から再び植物が生え、光合成によって二酸化炭素を吸収し、差し引き0のものになるので大気中の二酸化炭素量の上昇にはつながらないので、カーボンフリーまたはカーボンニュートラルになるのでしょうか??」などとふと考えてしまいます。

未来につながるエネルギー

未来につながるエネルギー

自然エネルギーを使って電力を作ることが世界的な広がりを見せている。なぜそうなってきているのか調べ、考えてみた。電力にかかわる制度的なこと、技術的なことなど理解するのに難しいことですが、未来につながるエネルギーの在り方を探りたい。

つばめ飛ぶ風景

つばめ飛ぶ風景

朝に夕に、窓の外、視界を横切る飛行物体はなんだ!気になって外に出ると、ツバメがひっきりなしに行ったり来たり、せんかいしたりしているではないか。この団地はどうやらツバメの繁殖地なっているらしい。つばめか!幸運を運んでくれるのかなあ。それならばうちに来ないかなあ。なんて思いながら、ツバメの事をもっと知りたくて調べてみました。

車椅子での小さな冒険

車椅子での小さな冒険

櫛形山、北岳展望デッキまで車椅子をひいてトレッキングをする。車椅子で日本の高山を見渡せる数少ないところである。登山道は車椅子が通行できる幅しかないが、崩れているところがあるため、富士川町役場で事前に調べておく必要がある。晴れていれば、富士山、北岳など日本の高山が展望できる。

環境に優しい塗料へ!星5つ

環境に優しい塗料へ!星5つ

塗装は日常生活になくてはならないものである。だからこそ、それが人体にどう影響しているのか、地球環境にどのように影響をあたえているのか、考えてみた。未来に向かって、研究者はこのことに対してベストな方法を日夜探究し続けている。LCA(ライフサイクルアセスメント)という考え方を元に、良い方向には向いていってほしいと願っている。

エコレールマークについて

エコレールマークについて

チョコレートのパッケージに貼ってあった。エコと書かれてあったので気になって調べてみた。「エコレールマークは、製品等の物流においてモーダルシフトを行い、二酸化炭素排出量の少ない鉄道貨物輸送を利用している商品又は企業を対象とした認定制度及びマークである。認定を受けた企業は商品パッケージやカタログ・広告、環境報告書などにマークを表示し、環境負荷の少ない輸送手段を採っていることについて周知を図ることができる。」ということである。