phpフレームワーク自作5

phpフレームワークにおいてリクエスト処理の流れを説明しております。アプリケーションで処理される外部リクエストされたデータはすべてこのリクエスト処理の中でバリデーションされたものを使うことになります。

phpフレームワーク自作4

クラスのオートロード機能についでの説明です。アプリでーション内のクラスをオートロードする場合とcomposerを使ったライブラリーをオートロードする場合に分けて実装しています。

phpフレームワーク3

phpフレームワーク処理の入り口の部分です。ブラウザーから入力されたurlを元に、処理の振り分けをし、コントローラーに渡す流れになっております。そのことを実現するためにはapatch web serverのリライト機能を用いてurl書き換え処理をしindex.phpにアクセスを集める動作をさせる.htaccessの設置が必須となります。

phpフレームワーク自作2

phpフレームワークを自作にするに当たり、「ホームページに更新情報を表示させる」プログラムをフレームワークに沿って作ることにより、説明していきたいとおもいます。
システム設計の概要は、あくまで、個人レベルで製作することを想定しており、中大規模のプロジェクトでは通用しないであろうことをあらかじめご了解いただきたい。

phpフレームワーク自作1

phpフレームワークをつくってみた。実務的には既存のフレームワークでつくるべきでしょうが。とにかく、目的はmvcの開発手法のエッセンスたるものを自分自身の中で噛み砕いて理解してみようということです。以後、数回に渡って「更新情報管理システム」を作りながら内容を深めていきたいと考えております。